岐阜県から
新たな海洋汚染を
引き起こさないために
~山・川・海をつなぐ
わたしたちの「清流」を
次の世代へ~

海洋ごみ・プラごみ

海洋ごみとは?

海洋ごみは、沿岸部や海上のほか、山・川・海へとつながる水の流れを通じて海岸に漂着するなどした陸域で発生したごみです。

清流の国ぎふ

岐阜県が誇る「清流」は県民にとって身近な存在であるとともに、わたしたちの生活・環境と経済活動を支えるかけがえのない財産です。 
一方、県内では多くのプラスチックを含むごみの散乱が確認されており、自然環境だけでなく、生活や地域経済に与える影響も懸念されています。
県では、内陸県として本県の役割を理解し、自然と人が共生する持続可能な「清流の国ぎふ」を実現するため、海洋ごみ対策を進めています。

「海洋ごみ」について理解を深め、わたしたちの暮らしから「新たな海洋汚染」を引き起こさないための取り組みに参加しよう!

プラスチックを賢く使う
方法を考えてみよう

海洋ごみ・プラごみ

プラスチック資源循環促進法とは?

令和4年4月1日から「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律」(略して、「プラスチック資源循環促進法」)が施行されます。
新法が定めているプラスチックの使用合理化を実現するため、県民、民間団体、事業者のみなさんと情報共有を図りながら、具体的取組みを進めていきます。
また、県民のみなさんがプラスチック問題を身近に感じ、具体的な取組みにつながるよう情報を発信していきます。

無理なくプラスチックごみを減らし、資源を守っていくために、
プラスチックを賢く使う方法を考えてみよう!